CHaRboW流 霞ヶ浦バスフィッシング

霞ヶ浦を中心にWBSプロチームトーナメントに参戦しながらバスフィッシングを楽しんでいます。2016年よりDAIWAプロスタッフとしてグローブライド株式会社様に迎え入れて頂きました。 私の大好きなバスフィッシングのフレッシュな情報を発信させて頂き、バスフィッシングがより快適に、そして釣りに行きたくなるようなブログにしていきたいと思います。

楽しいレンタルボート

 こんばんは。

 8月も終わりに近づき秋の気配を感じられるようになってきました。とはいえ…まだまだ暑いので熱中症対策をして釣りに行きたいと思います。

f:id:charbow519:20180824073856j:image

 最近は千葉県の房総方面のダムに通っていて、とても楽しく釣りをさせていただいています。

 すっかりハマってしまった楽しいレンタルボートスタイルのご紹介させていただきます。

f:id:charbow519:20180829221513j:image

 房総方面のレンタルボートフィッシングの充実具合はすごいものがあり…私の知っているレンタルボート時代からは相当に進化していました。

 とはいえ、手軽にボートフィッシングをスタートできるのもレンタルボートの魅力で、オカッパリとは一味違うボートからの一層深まるゲームフィッシングをスタートさせてみてはいかがでしょうか。

f:id:charbow519:20180829220831j:image

Ultimate「夏休みに 極めたソリッドティップとパワーフィネス」→http://www.globeride.jp/daiwa/ultimate/

 

 そして、その深みにハマってしまったら…徐々に装備を充実させていくのがオススメです。

 

 レンタルボートフィッシングで装備品関係ですが、バスボートを乗っていて自分なりにボートへのこだわりがあったので先輩に遊心さんをご紹介いただき、ガレージを訪ねて色々と熱いお話しを伺い、松田さんのこだわりと品質の素晴らしさに感動し、お世話になることを決めました。

f:id:charbow519:20180827204512j:image

 

遊心→http://g-yushin.com

 

 レンタルボートの釣りで釣果に直結すると思っている重要なメインデッキですが、以前は木製のものを使っていました。ヒビが入ったり、雨の日は木とカーペットが水を吸ってしまい重量物になり…そしてなかなか乾かないというストレスがあったので、遊心さんのFRP製メインデッキに興味津々でした。

f:id:charbow519:20180827204654j:image

 FRP製デッキは軽いので準備や片付けが楽ですし、丈夫であることが最大の魅力だと思います。汚れても水洗いするだけでピカピカになります。そして好みのカラーリングやカーペットなどオーダーが出来るので特別な自分専用の仕様となります。

 塗装も驚くほど綺麗で、例えるなら…ネイルアートのような…とにかく綺麗でオシャレでカッコいいです。

 f:id:charbow519:20180827205436j:image

 購入の際にハイデッキを勧めていただいたのですが…荷物が多いのと車のキャパが読めなかったのでミドルデッキで3分割タイプを特別なブルーカラーで仕上げていただきました。

f:id:charbow519:20180828131756j:image

  ミドルデッキもオフセットペダルや通常よりは高い位置で釣りがしやすいのですが、こだわりが出始めると物足りなくなってしまい…今ではハイデッキ導入を検討しています。

f:id:charbow519:20180829073843j:image

 乗った感じも不安定さは特に気にならず、ランディング時も写真のような感じでキャッチする事ができたので問題なさそうです。

f:id:charbow519:20180829222312j:image

足元においてしまうペンチやハサミが落としやすいので、気をつけようと思ったくらいでした。それ以上に視界がひらけたことと、キャスティングとロッドの捌きやすさに感動でした。

 7ftクラスのロッドも長さを気にせず釣りができるので、フロッグやジャークベイトの釣りで差が出てくるのではと思っています。

 車に積んだ感じもプラドの幅で余裕で積めました…最初から松田さんのおっしゃる通りにしておけば…

f:id:charbow519:20180829075706j:image

(3分割ミドルデッキはハイデッキの半分くらいのスペースで収まります。)

 

  3分割ミドルデッキは14ftのボートでも使えるのですが、後ろ側を浮力体に乗せ、前側を発泡ブロック上に乗せることでハイデッキに近い仕様で使用できます。こちらもとても快適です!

f:id:charbow519:20180828131458j:image

 バウデッキ、エレキマウントも遊心さんでお願いしメインデッキと同じカラーで作っていただきました。

f:id:charbow519:20180829221625j:image

マウントはショート化させてコンパクトなFRP製のバウデッキは頑丈で軽量なので、かさばらず片手で軽々扱えるのでとても快適です。

f:id:charbow519:20180829065802j:image

 14ftに乗る際にボートの幅が変わるため、振動子ポールの取付けができなくなってしまいますが…遊心さんに相談すると直ぐに解決していただけました。

f:id:charbow519:20180829214324j:image

 自分で必要な長さ測りワンオフで振動子ポールの延長を作っていただき、快適に14ftで2人乗りボートフィッシングを楽しんでいます。

 こちらのパーツもビカビカでカッコいいです!

f:id:charbow519:20180829214734j:imagef:id:charbow519:20180829224253j:image

 延長した分、他のパーツに負担が掛かって来ますので、そこら辺は自分なりに調整して大切に使っていこうと思います。

 

 遊心さん、いつもありがとうございます!

 

f:id:charbow519:20180829224754j:image

 先輩方や遊心の松田さんのアドバイスで快適なレンタルボートセッティングが整いつつあります。ダムに通いボートセッティングを煮詰めつつ、腕を磨いていきたいと思います!

 

 

 

 

フロロカーボンラインの使い分け

 こんにちは。

 暑い暑い日が続いていますが、8月に入り少し風が変わったように感じます。とはいえ…まだまだ暑いので熱中症に気をつけて釣りに行きたいと思います!

f:id:charbow519:20180807153505j:image

 先週末は房総ダムに行ったりと楽しい夏を過ごしています。やはり釣果に差が出る遊心さんのメインデッキは最高です!

 

遊心→http://g-yushin.com

 

f:id:charbow519:20180807063021j:image

f:id:charbow519:20180807170443j:image

  前回ブログで書かせていただいたソリッドティップの話につながるフロロカーボンラインについて、私なりにこだわって使い分けている部分を書いてみようと思います。(個人的な感想で絶対ではないので参考程度にしていただけたら幸いです)

 

 ラインはすごく大切です。

 ルアーを操るというよりも、ラインを操るということを意識して私は釣りをしています。

 

 現在、私の使用しているフロロカーボンラインはスティーズシリーズ、ブレイブZシリーズ、BASS-Xシリーズの3タイプを特性を活かせるように色々と試しながら味付けの違うそれぞれのラインの良さを発揮できるようにセッティングしていますのでご紹介させていただきます。

 

 ☆スティーズフロロシリーズ

f:id:charbow519:20180729133706j:image

・タイプモンスター→http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/line/bass_li/steez_fluoro_m/index.html

 

・タイプフィネス

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/line/bass_li/steez_fluoro_f/index.html

 

  強度、耐摩耗性に優れ、リールへの馴染みも良く驚くほど綺麗なスラックラインが出せるので太めのラインで軽量なルアーを扱える最高ランクのラインです。

  霞ヶ浦では16lbラインで高比重ノーシンカーを繊細に扱う際やラインスラックを出してシャッドテールノーシンカーを巻く時に使用しています。使い心地はびっくりするほどのレベルで繊細さと強さを両立させた最高のラインで、一度使ってしまうと快適過ぎて他のラインが使えなくなるほどトータルバランスに優れた優秀なラインです。

f:id:charbow519:20180807072239j:image

 

☆ブレイブZシリーズ

f:id:charbow519:20180729134250j:image

・モンスターブレイブZ

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/line/bass_li/monster_brave_z/index.html

・フィネスブレイブZ

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/line/bass_li/finesse_brave_z/index.html

 

 スティーズフロロと同様に扱える優秀なラインですが、少し柔らかめの特性を活かしてスティーズフロロより1番手上でカバー周りで使用したり、フロロカーボンラインを使って巻物をしたい時に使用しています。

 ラインの製造段階から均一な太さにこだわった高精度な品質の高級ラインとなっています。

 私愛用の18lbラインは「これでないとダメ」ということがあり、手放せないラインとなっています。

f:id:charbow519:20180803233909j:image

 18lbを使う理由ですが単純に切られたくないからということと、DAIWAロッドの掛け調子のパワフルロッドを至近距離でフルフッキングでのバランス、そしてシャローでのラインの太さ抵抗を利用した沈みにくさと糸の浮き上がりの良さを求めて使用しています。18lb、20lb、22lbは柔らかくリールにも馴染むので太めの番手はとても使いやすく快適にピッチングやショートキャストが決まります。太めの糸を使いたいけど…スプールでゴワゴワして…悩んでいる方は是非お試しください。

f:id:charbow519:20180807131901j:image

 フィネスブレイブZでは11lbを多用していますが10lbでは不安、12lbだとキャスティングと操作性が…という状況でシャローカバーにネコリグなどを打っていく場合に重宝するラインです。

 ブレイブZシリーズは扱いやすく、粘り強さがあり迷うことなくフルフッキングでき、160m巻きなので上手に使えばお得に使えてとても気に入っています。

 

☆BASS-Xフロロ

f:id:charbow519:20180729141302j:image

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/line/bass_li/bass_x_fluoro/index.html

 

 パルクライン300mで平行巻き、これだけで充分ですが…しっかりとしたラインでお試し練習用ではなく、実戦で使える最近お気に入りのラインです。

 カタログではしなやかと謳われていますが…スティーズシリーズ、ブレイブZシリーズに比べてしまうと当たり前ですが劣ります…

 パリッとした感じがあるためスプールへの馴染みが若干悪くなりますが、その硬めの感じが私にとって都合の良いところで活かされる釣りで使うと非常にいい感じです。

 ルアーとの距離がある際の操作感や障害物を超える際の抜け感が良くてヘビーキャロライナリグやハードボトムのフットボールジグに使用しています。

 お得でいいラインに出会ってしまいました!

f:id:charbow519:20180807065239j:image

 各種類のラインの特徴を自分なりに感じて使い分けることでタックルごとに少しずつ味付けが変わり、こだわりの1本のタックルに仕上げる事で釣れない時の集中力アップにつながっていると勝手に思っています…笑

 今週末から夏休みなので色々と気になっていることを研究しにフィールドに通いたいと思います!

 

DAIWA→http://www.daiwa.com/jp/

ソリッドティップ

  こんばんは。

  7月半ばになり、夏本番を迎え今年の暑さは気合いを入れて外に出ないと倒れそうなくらい暑く感じます。こまめな水分、塩分補給しながら暑い夏を乗り越えたいと思います。

f:id:charbow519:20180608063554p:image

 この時期の特に不快に感じることは蒸し暑い日の雨で…レインウエア着るのがとても嫌です。   

 今まで蒸れにくく快適なゴアテックス一辺倒でしたが、この夏はDAIWAの透湿防水素材のレインマックスを性能を体感してみます。着てみた感じは、「レインウェアを着ている感」がなく、とても軽くて動きやすくいい感じです。蒸し暑い雨の日が楽しみです笑

 

DR-2208J

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/wear/rain_wr/dr2208j/index.html

 

f:id:charbow519:20180608070117j:image

 本題のソリッドティップロッドですが、エアエッジのベイトロッドシリーズに追加ラインナップされたソリッドティップを搭載した671MB-STと701MHB-STご紹介させていただきます。

 

エアエッジ →http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/airedge_e/index.html

 

  何度も書き直し、文章を考えたのですが、このロッドに関しては…説明がとても難しいです。

 それは感覚的な感度がとても優れていているので感覚を表現することが非常に難しいためです。説明は難しいですが、とにかく釣れるロッドに仕上がっています。

 自動車に例えるとチューブラーロッドはオートマチック車でソリッドティップロッドはマニュアル車というくらい別のロッドでそれぞれにメリットがあるので感覚的に使い分けていくのがベストだと思います。

f:id:charbow519:20180719193627j:image

 食い込みの良さというのが一般的に言われるソリッドティップのメリットになっていますが…私はそれ以上に感じているメリットがあります。

 それは、竿先からルアーまでのラインスラックの張り具合をソリッドティップを曲げることにより生じた抵抗感や感覚を手元で感じて釣りが出来るということです。ラインの比重もシンカーにプラスして糸の重さを利用してルアーをコントロールすることも可能です。

 これは使い込んでいくとわかるソリッドティップの凄さだと思いますが、この感覚が感じれると釣りが丁寧になり、チューブラーロッドでは簡単にスルーしてしまうようなちょっとした変化を利用して魚をバイトさせることが出来ると私は考えています。

f:id:charbow519:20180719193721j:image

 DAIWAのソリッドティップは昔から大好きで、バトラー時代のワイルドウィーゼルを愛用していました。昨年はタトゥーラ610MXBでいい思いをさせていただきました。

f:id:charbow519:20180719212438j:image

・W.B.S.第5戦優勝→http://charbow519.hatenablog.com/entry/2017/08/22/231008

 

・ウイニングタックル

http://charbow519.hatenablog.com/entry/2017/09/24/205955

 

 エアエッジソリッドティップ開発段階ではタトゥーラソリッドのように柔らかめのティップでテストしたりしましたが、カバーやボトムからの抜け感も大切にしたかったのでロッド設計の今井さん、W.B.S.草深プロとこれを両立出来るギリギリの最高のセッティングを導き出しました。

 ソリッドティップのロッドはバランスが難しく、ロッドにかかる負担も大きくなり折れやすくなってしまったりするのですが、エアエッジ ソリッドティップは違和感のない継ぎ目と綺麗なテーパーでDAIWAの技術力の高さを感じられる最高のロッドに仕上がってしまいました。

f:id:charbow519:20180719190225j:image

 操り人形は華麗な糸さばきで人々を物語に引き込むように、バスフィッシングも糸さばきが全てだと私は思っています。

 

「シンカーを操る」のではなく…

 

 「ラインを操る」

 

 という感覚を手に入れて、一歩先をいくDAIWAタックルで一歩上のバスフィッシングをお楽しみください!

 

タックルデータ

ロッド エアエッジ671MB-ST

リール タトゥーラ SV TW 7.3R

ライン モンスターブレイブZ18lb or スティーズフロロタイプモンスター16lb

ルアー&リグ ウルトラバイブスピードクロー&テキサスリグ

フック スティーズワームフックSS WOS 3/0 or   4/0

シンカー バザーズワームシンカーTG バレット3.5g〜7g

 

ロッド エアエッジ701MHB-ST

リール タトゥーラ SV TW 7.3R

ライン スティーズフロロタイプモンスター 14lb

ルアー&リグ スティーズホグ&7g〜17gヘビーキャロライナリグ

フック スティーズワームフックSS WOS #1

 

DAIWA→http://www.daiwa.com/jp/

BMC JKI CUP 2018

 こんばんは。

 7月に入り一気に夏らしく暑くなってきました。身体も暑さに馴染んでいないので体調を崩さないように快適なウエアを頼りに身体を慣らして行きたいと思います。

f:id:charbow519:20180710063712p:image

DE-34008 (フーディメッシュシャツ)

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/wear/shi_pan_wr/de34008/index.html

 

 先週末はBMC主催のJKI CUPに参加させていただきました。所属団体問わず、凄腕メンバーがエントリーしていて参加するだけでもとても価値のある毎年楽しみにさせていただいている試合です。

f:id:charbow519:20180710064929j:image

 今回は48艇参加で賑やかでとても楽しく、素晴らしい大会でした。表彰式での宮崎プロのコメントは勉強になりました!

f:id:charbow519:20180710180221j:image

 千葉さんを始めBMCの皆様、星プロ、参加された選手の皆様、タイフーン様、暑い中ありがとうございました!

 

 大会前日は斉藤プロにお世話になり、お楽しみフィッシングをしていまして、結構釣ることができていました。

f:id:charbow519:20180711232051j:image

 昨年の同時期はどこに行っても釣れてしまう怪現象は今年もちょっとだけ開幕していました。

 昨年の7月のW.B.S.北浦戦前はイージーに釣れていたのですが…動く事が出来ず…一箇所に固執してしまい見事に外してしまいましたが…その失敗を活かし最終戦で優勝に結びつけられたのはとても思い出に残っています。

f:id:charbow519:20180710074313j:image

 

「男は黙ってテキサス」です笑

 

 昨年はタトゥーラのソリッドタックルがメインでしたが、今年はロッドがパワーアップしていまして、私も少し開発に関わらせていただいたエアエッジ 671MB-STと701MHB-STが最高です!

f:id:charbow519:20180710181136j:image

 

エアエッジ →http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/airedge_e/index.html

 

 DAIWAの技術力の高さとコストパフォーマンスに優れたすごいロッドに仕上がっていますので是非触れてみてください。

 

ソリッドロッドについても書こうと思っていますが…内容がうまくまとまらず…その内に…

 

 試合展開としてはテキサス一本勝負みたいなところもありましたが…大きな魚が全然釣れなくなってしまい、小さい魚を入れ替えながらショボショボウエイトで終了しました。

f:id:charbow519:20180711075308j:image

 星プロと楽しく釣りが出来たので良しとします!暑い中ありがとうございました。

f:id:charbow519:20180711232150j:image

 夏本番でタフになる時期ですが、ソリッドティップのメリットを最大限に活かして夏フィッシングを楽しみたいと思います。

 

タックルデータ

ロッド エアエッジ 671MB-ST

リール タトゥーラSV TW 7.3R

ライン モンスターブレイブZ 18lb

ルアー&リグ ウルトラバイブスピードクロー3.5g〜7gテキサスリグ

フック スティーズワームフックSS ワイドオフセット4/0

 

ロッド エアエッジ 671MB-ST

リール タトゥーラSV TW 7.3R

ライン スティーズフロロタイプモンスター 16lb

ルアー&リグ ウルトラバイブスピードクロー5gテキサスリグ

フック スティーズワームフックSS ワイドオフセット3/0

 

ロッド エアエッジ 701MHB-ST

リール タトゥーラSV TW 7.3R

ライン スティーズフロロタイプモンスター 14lb

ルアー&リグ パワーホッグ3インチ 17gヘビーキャロライナリグ

フック スティーズワームフックSS ワイドオフセット#1

 

JAPAN B.A.S.S. NATION 第3戦 利根川

 こんばんは。

 寒い梅雨空の日が続いていますが、これから一気に暑くなるような気がしていますので…体調に気をつけて過ごしたいと思います。

f:id:charbow519:20180627062218j:image

 先週末はバスオブジャパン第3戦、利根川大会が開催され久しぶりにマイボートで試合をしてきました。

f:id:charbow519:20180627062147j:image

 今シーズンはコアングラー登録なのですが…今回は特別措置としてコアングラー成績のボーターとしてマイボートで出場してきました。

f:id:charbow519:20180627061817j:image

 結果はショボショボ…ウエイトでしたが厳しかったようで2位でした!

f:id:charbow519:20180627074719j:image

 練習から得られた情報は霞ヶ浦の状況に近く、普通には釣れないという…難しい利根川の印象でした。10年前と比べてもラージマウスの生息域が狭くなってきているような印象を受けました。

 とはいえ…試合なので釣らなくてはいけないのでエリアやキーになりそうなベイト有無確認しながら探していくとキーワードが重なるところではドン!ドン!ドン!と星プロが釣って見せてくれます笑

 

星プロありがとうございました!

 

 翌日は試合なので温存気味に釣りをして作戦は決まりました!

 「名付けて、ザリガニ作戦です」

f:id:charbow519:20180626193706j:image

f:id:charbow519:20180626193723j:image

f:id:charbow519:20180626193735j:image

 ザリガニが居そうなエリアを探し、試合ではそこをみっちり釣り込むという作戦でした。自信を持ってやれる場所を何箇所か探せたので、迷いもなく釣りに集中出来ました。バスが本当にザリガニを食べているかはわかりませんが…試合中のモチベーションアップを図る為、イメージで合わせてみました笑

f:id:charbow519:20180627064129j:image

 試合中は前日より減水しておりポイント的に厳しかったですが、なんとか3本のバスをライブウェルに入れることが出来ました。キーパーギリギリのサイズの反応は良かったのですが…フッキングした瞬間にどこかに飛んでいってしまうのでカツオの一本釣り状態でオートリリースを4回もやってしまい…バーブレスの難しさを学びました。

 そして1番の収穫は利根川の難しさと面白さでもある刻々と変化していくフィールドの状況に合わせていく釣りは、なかなか日本では少なく試合に参加して真剣に釣り込む事ですごく勉強になりました。

 コアングラーの染谷さん、色々とありがとうございました。

  参加された選手の皆様、運営スタッフの皆様、北総マリン様、ありがとうございました。

 

JAPAN B.A.S.S. NATION

http://www.japanbassnation.com

 

北総マリン

http://www.hokuso-marine.com

 

  試合当日は予報以上の雨が降りましたが、初めてのレインマックスも良かったです!薄くて身体に馴染むのでゴワつかず釣りの動作もスムースで快適にキャストし続けられました。

f:id:charbow519:20180627074025p:image

 

DR-2208J

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/wear/rain_wr/dr2208j/index.html

 

今年の暑い時期の釣れる雨の日はレインマックスで快適に攻略したいと思います!

 

タックルデータ

ロッド エアエッジ 661MHB

リール タトゥーラSV TW 7.3R

ライン モンスターブレイブZ 18lb

ルアー ゲーリーヤマモト ファットイカ

フック スティーズワームフックSS WOS 3/0

 

ロッド エアエッジ 661MHB

リール タトゥーラSV TW 7.3R

ライン スティーズフロロタイプモンスター 16lb

ルアー ゲーリーヤマモト ヤマセンコー4

フック スティーズワームフックSS WOS 2/0

 

ロッド エアエッジ 6101MLB-G

リール ジリオンSV TW 1016SV

ライン BASS-X ナイロン 20lb

ルアー ワイルドハンチ

 

 

DAIWA→http://www.daiwa.com/jp/

 

メガネのスエナガhttp://megane-suenaga.com

 

マリンワークス大山→http://marine-works.com

 

綱派トーナメントタックル

 こんばんは。

 梅雨入りし、普段の生活には嫌な雨ですが…バスフィッシング的にはとても楽しい時期になっていますのでレインウエア着込んでフィールドに通いたいと思います。

f:id:charbow519:20180614062438j:image

 先週末は綱派トーナメントにBasser誌でご活躍されている谷川さんにお誘いいただき初参戦してきました。

 参加人数153人82艇と大盛況で「綱派」トーナメントの人気がよくわかりました。楽しい雰囲気なのですが、試合となると皆様本気なところがとても楽しかったです。残念なことに来年が最後の開催となるということでしたので…また出場したいと思います!

f:id:charbow519:20180614070258j:image

 結果は3位と入賞出来たものの、私は船の操船役でした笑

f:id:charbow519:20180614062423j:image

 練習から想定していたのはエアエッジ の610MLB-Gを使ったクランキングでした

このロッドすごくいいです。

f:id:charbow519:20180614070954j:image

エアエッジ →http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/airedge_e/index.html

 

 デルモAの底に当て過ぎずちょっと当てるクランキングとカバーに打ち込んでちょこちょこしてからクランキングのマッドタッドとブルーギルを意識したスティーズクランク200のパワーブルーの3本立てでしたが…状況が…

f:id:charbow519:20180615130715j:image

 ビックフィッシュ狙いでトップウォーターも入れつつ、今回の試合でキーになったのは朝慌てて取りに行ったノリーズシャローロールでした。そして最大のキモは大事にしているモータガイドのエレキと一体となりボートをコントロールする事です笑

f:id:charbow519:20180615131413j:image

今回も試合に出たことでとても勉強になりました!

 

 谷川さん、ありがとうございました。

 

参加された選手の皆様、運営スタッフの皆様、松屋ボート様、ありがとうございました。

 

松屋ボート→http://star.ap.teacup.com/matsuya/

 

DAIWA→http://www.daiwa.com/jp/

 

タックルデータ

 

ロッド エアエッジ 610MLB-G

リール ジリオンSV TW 1016SV

ライン BASS-X ナイロン 20lb

ルアー クランクベイト

 

ロッド ジャークベイトロッド

リール タトゥーラSV TW 6.3R

ライン BASS-X ナイロン 20lb

ルアー スピナーベイト、ジャークベイト、トップウォーター

 

ロッド エアエッジ 661MLB

リール アルファスエア 7.2R

ライン フィネスブレイブZ 8lb

ルアー ガストネード 70S

 

ロッド ブラックレーベルプラス661MRB-G

リール スティーズA TW 1016H

ライン モンスターブレイブZ 20lb

ルアー マグナムクランク、バズベイト、大型トップウォーター

 

 

JAPAN B.A.S.S. NATION 第2戦

  こんばんは。

 最近は肌寒く、自然界でも困惑しているのではと心配になるほど寒かったです。

f:id:charbow519:20180514143932j:image

 先日の霞ヶ浦調査では例年通りな印象のバスと出会うことが出来ました。体調など崩さないよう釣りに行きたいと思います。

 

f:id:charbow519:20180514112511j:image

 先週末はJAPAN B.A.S.S. NATION 第2戦野尻湖戦に参加させていただきました。

f:id:charbow519:20180514112448j:image

 第1戦は悪天候のため延期となり、色々と準備をしてきましたが…日程調整が出来ず、出場出来ませんでしたので今回の野尻湖戦がバスオブジャパンデビュー戦となりました。

f:id:charbow519:20180514113823j:image

 ボーターの笠原さんにお世話になり結果はコアングラー部門8位でした。4年ぶりの野尻湖で楽しく釣りをさせていただき、グットコンディションのスモールマウスバスに出会うことが出来ました!

f:id:charbow519:20180514113004j:image

 練習は出来ませんでしたが…試合中はたくさんの事を感じることができ、湖の状況がよくわかりました。

 野尻湖の季節は例年に比べて進行が早いようで、シャローにはたくさんのスポーニングベットがありましたので状況はすぐ理解出来ました。

 スモールマウスを釣る上で大好きな釣りのフィネスティップを使ったライトキャロをやろうと心に決めて試合に挑みましたが…状況が状況だけに深いところで食わせる事が出来ず苦戦してしまいました。

f:id:charbow519:20180514130927j:image

 ルール上、船に持ち込めるタックルが5本に制限されていますので準備の際に夜中まで悩みました。その悩み抜いて選んだタックルでしたので、5本のロッドを使いどうにか1本絞り出したいなと考えていると…

 見た感じ「絶対いるでしょ!」というレイダウンを見つけ、いざという時に備えスペアでカバー用に準備していた12lbリールに慌てて載せ替えエアエッジ ソリッドティップでノーシンカーリグを丁寧に操ると「コンッ!」と当たりが出て野尻湖でフルフッキングは気持ちよかったです。載せ替えずに8lbラインで打ち込んでいたら…とりあえず作戦成功でした。

 またバスオブジャパンではフックがバーブレスのルールがあり、心配もあったのですが…身近にすごいフックを見つけていました。

f:id:charbow519:20180518212746j:image

 気に入って使っているスティーズフックなのですが、いつも良い位置に掛かってきてくれるのでこのフックならバーブレスでも心配ないと霞ヶ浦やプライベートで試してみても期待通りナイスなフックでした。

 チューブラーロッドに比べてテンションのかけやすいエアエッジのソリッドティップも貢献してくれたはずです!

 近いうち、秘密にしておきたいソリッドティップのロッドについてもブログで書いてみようかなと検討しています…笑

 

 その後は試合中に追加する事は出来ませんでしたが…クセのある野尻湖の意外な一面を自分なりに感じる事が出来、今後に活かせそうなスモールマウスバスに出会えたのでとても楽しい試合となりましたなりました。

f:id:charbow519:20180518213048j:image

 優勝は5125gとビックウエイトで野尻湖の凄さを目の当たりして自分自身の経験値アップとなる試合となり、とても楽しかったです。

 次戦も頑張りたいと思います!

 

タックルデータ

ロッド エアエッジ  671MB-ST

リール タトゥーラSV TW 7.3R

ライン スティーズフロロタイプモンスター12lb

ルアー ヤマセンコー4 ノーシンカー

フック スティーズフック #2/0