CHaRboW流 霞ヶ浦バスフィッシング

霞ヶ浦を中心にWBSプロチームトーナメントに参戦しながらバスフィッシングを楽しんでいます。2016年よりDAIWAプロスタッフとしてグローブライド株式会社様に迎え入れて頂きました。 私の大好きなバスフィッシングのフレッシュな情報を発信させて頂き、バスフィッシングがより快適に、そして釣りに行きたくなるようなブログにしていきたいと思います。

ビッグフィッシュ賞

 こんにちは。

 先日桧原湖戦でビッグラージを獲ったタックルをご紹介させていただきます。f:id:charbow519:20160717211323j:image

 ラージマウスをサクッと釣らせてくれたDAIWAのクロノスシリーズ661MBですが、霞水系で相性抜群で何でもこなす優秀なロッドです。魚との距離を取ったロングピッチングが有効だと感じていた桧原湖のクリアウォーターのシャロー攻略にもピッタリでした。

 リールはロングピッチングでもバックラッシュしにくく、ルアー回収スピードも上げられるアルファスSV105SHが相性ピッタリです。f:id:charbow519:20160717101444j:image「写真提供:W.B.S.」

 

 シャローカバー周りでのロングロッドはメリットになる事が多いですが、釣り場環境やシャローのシュチュエーションによっては少し短めのロッドが有利に働くことがあり、身長の低い私にもピッタリで武器になりつつあります。

 フリッピング以外での釣りで6フィート6インチ前後のロッドを多用していて、その使い易さにすっかりハマってしまっています。何と言ってもキャスティングの精度を上げられるのと釣りが楽になるのが大きなメリットです。ルアーを操作する上でも格段やり易くなります。

 

 私の使っているロッドの中で最も短く、テクニカルで繊細に釣ることが可能なスティーズリベレーター

f:id:charbow519:20160715060533p:image

 トルクフルでオールマイティなジリオン661MHFB

f:id:charbow519:20160715060907j:image

 コストパフォーマンスが高く、ハイエンド機種にも負けない性能を持ったクロノス661MB

f:id:charbow519:20160717101053j:imagef:id:charbow519:20160715061511j:image「写真提供:W.B.S.」

 

 それぞれの特性を生かして使い分けていますが、ティップの張り感が丁度良いクロノス661MBがお気に入りです。

シャローの釣りではボートが入れない 、ボートをシャローに入れたくないという状況が多くあり正確なキャスティングでカバーを射抜くしかありません。

 ラインはしなやかで操作しやすく、ラインスラックが綺麗に作れるスティーズフロロタイプモンスター14lbを基準にしてカバーの濃さと使うリグに応じて13lbを使用しています。f:id:charbow519:20160717104207j:image

 いつものカバーフィッシングをベイトフィネスとは違う強い釣りで攻められますので、オススメです。

 木が生い茂っていたり、オーバーハングの中を攻めたり釣る場所に制限がかかってしまう事が多いレンタルボートやオカッパリでも武器になるタックルセッティングだと思いますのでこれからも楽しみです。

 

タックルデータ

ロッド クロノス661MB

リール アルファスSV105SH

ライン スティーズフロロタイプモンスター14lb