読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHaRboW流 霞ヶ浦バスフィッシング

霞ヶ浦を中心にWBSプロチームトーナメントに参戦しながらバスフィッシングを楽しんでいます。2016年よりDAIWAプロスタッフとしてグローブライド株式会社様に迎え入れて頂きました。 私の大好きなバスフィッシングのフレッシュな情報を発信させて頂き、バスフィッシングがより快適に、そして釣りに行きたくなるようなブログにしていきたいと思います。

COVER JIG SS

 こんばんは。

 朝晩はめっきり寒くなってしまいましたが、日中はまだまだ暖かい日が続いています。空気も乾燥して体調管理には注意が必要な時期になってきました。風邪など引かないようにしたいと思います。

 寒くなるなら寒くなってくれればいいのに。と心の中で思いながら週末のマリンワークスオーナーズトーナメントに向けてマイブームのカバージグSSを簡単チューニングして過ごしています。f:id:charbow519:20161115214403j:image

 

カバージグSS

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/bass_le/coverjig_ss/index.html

 

お気に入りのザリガニとサマークローに雨の影響で濁っていそうなのでブラックもカラーバリエーションに入れてみました。f:id:charbow519:20161115214415j:image

 

 ノーマルでそのまま使ってももちろん問題ございませんが、ちょっとだけハサミでラバーカットするのがマイブームです。簡単にビフォーアフターをご紹介させていただきます。

 

 ノーマルf:id:charbow519:20161115223852j:image

ラバーカット後f:id:charbow519:20161115223906j:image

若干ラバーカットすることによってラバーをツンツンさせられていかにも釣れそうな気がします。

ノーマルf:id:charbow519:20161115223916j:image

ラバーカット後f:id:charbow519:20161115223923j:image

 

 ラバーを間引いてフォールスピードを変えたりするのも面白いと思います。

 

 そして仕上げはブラシガードを綺麗に扇状に広げて完成です!f:id:charbow519:20161115215525j:imageしっかりしたブラシガードが搭載されていますが、カバーや障害物から回収する際にはテキサスリグのようにスルッとは出て来ませんので…丁寧にほぐすように回収する事が結果として釣れるスピードを自然につくれているのだと私は考えます。丁寧な回収中に釣れる事も多いのがこの釣りの強さだと思っています。

 

スモラバ=ライトラインで。というイメージがありますが、スティーズフロロが見事に私の常識を変えてくれました。素晴らしいラインとの出会いは今シーズン本当に頼もしかったです。f:id:charbow519:20161115220211j:image

太ければ太いライン程釣り人側にアドバンテージになりますので、弱気にならずカバージグSS6gとスティーズフロロの13lbの組み合わせで強気で繊細に釣っていけるのが頼もしいタックルセッティングになっています。

 

 私は専用タックルを用意して繊細に釣っていますが、12lbや14lbでテキサスリグなどを使っているロッドにカバージグSS6gはマッチしてくると思いますので、心置きなくテキサスした後にカバージグSSを結んで打ち直してみるのも面白いと思います。

 

 週末を楽しみにタックル調整して秋の夜長を過ごしたいと思います。