CHaRboW流 霞ヶ浦バスフィッシング

霞ヶ浦を中心にWBSプロチームトーナメントに参戦しながらバスフィッシングを楽しんでいます。2016年よりDAIWAプロスタッフとしてグローブライド株式会社様に迎え入れて頂きました。 私の大好きなバスフィッシングのフレッシュな情報を発信させて頂き、バスフィッシングがより快適に、そして釣りに行きたくなるようなブログにしていきたいと思います。

ブログ始めました!

 ブログスタートします。文章が上手に書けずに読みにくい事もあるかもしれませんが…地道に私流のバスフィッシングに対して思う事や日々の研究で良かった道具やルアー、釣果などを出来るだけ分かりやすくご紹介していこうと思いますので宜しくお願い致します

 私とブラックバスとの出会いは小学4年生の時に父親に連れられてミミズを使ったエサ釣りで釣った30cmくらいのバスでした。大きな口とブラックバスという名前を教えてもらい、やたら興奮したことを今でも忘れられません。

 当時のバスブームの影響もあり、夢中で釣り雑誌やビデオを見てブラックバスとルアー釣りの勉強をしました。ほとんど釣ることも出来ずにただ妄想が膨らんだ週末に朝から夕方までルアーを投げるだけで釣ることが出来ませんでした。そんなレベルでスタートしたのですが…当時呪文のように「琵琶湖に行きたい行きたい」と言っていると母親が九州旅行の途中で琵琶湖に一泊してくれて、宿の目の前の淀川にて48cmのバスを釣り上げる事が出来ました。その1匹との出会いでその後のバスフィッシングが劇的に変わったように思います。それからさらにヒートアップし雪の降る日も1人電車で長靴を履いて土浦まで通ったのが懐かしいです。 

 トーナメントには興味があり20歳位から本格的に参戦するようになり、先輩の紹介でWBSクラシックのプレスを勧められ、長岡プロのボートに乗せて頂き、トーナメントの進行やエリアの広大さ、バスボートをフルに使ったバスフィッシングに衝撃を受けWBSの門を叩くことを決意し、今に至ります。本当に人生変わったと言ってもおかしくない、大きな転機になりました。

バスフィッシングを通じてたくさんの人との出会いがあり、素晴らしい諸先輩と出会う事が出来、本当に幸せなバスフィッシングライフを送れていると思います。

 そんな大好きなバスフィッシングを一人でも多くの方に知って頂き、何か役に立つ情報を微力ながら発信させて頂きますので宜しくお願い致します。平川皓也

 

 

f:id:charbow519:20160627155359j:image